日経225先物予測機械「ジイトレ」

先物相場を継続・安定的にトレードするために必要なこと・・・「勝とうとするより負けないこと、そして生き残ること!」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当ブログが有益でしたらご協力お願いします⇒ 「人気ブログランキング」
[ --/--/-- --:-- ] トラックバック(-) | コメント(-)

明日の戦略―― 買戻し入り下げ渋る 来週は波乱含みの展開か 

2日の東京市場は続落。日経平均は16200円割れ寸前まで下落したが、引けにかけて下げ渋った。業種別では、海運、繊維製品、輸送用機器、鉱業、陸運などが値上り率上位。その一方で、その他金融、証券商品、パルプ・紙、ガラス土石、銀行などが軟調に推移した。売買代金上位はソフトバンク、三菱UFJ、みずほ、トヨタ、三井住友、ホンダなど。

 米国株安を受けて、売り優勢の展開となった。日経平均は一時170円近く下落、16200円割れ寸前となる場面もみられたが、引けにかけて下げ幅を縮小した。押し目買いが入ったというようよりも、三連休を控え買い戻しの側面が強そうだ。今週は調整色を強めた。日経平均は先週まで5週連続で上昇、17000円を試す展開を期待する向きも多かっただけに見事に肩透かしを食う格好となった。週初に日経平均が300円超下落し、約1ヵ月ぶりに25日移動平均を割りこみ、その後の戻りも限定的で上値の重さが目立った。日米でマクロ指標が悪化するなど、先行き不透明感が台頭。景気減速懸念から米国株式相場が下落し、為替相場が1ヵ月ぶりに116円台に乗せたことで、国際優良株を中心に利益確定売り機運が高まったようだ。また、主力企業の決算発表では、好決算ながら市場予想を下回るなど不完全燃焼の感が否めず、買い手掛かりに乏しい。来週は注目イベントが多く波乱含みの展開となりそうだ。週初に米中間選挙、週末にはオプションSQ、機械受注が控えている。また、裁定買い残が大幅に積み上がっているだけに、先物主導で乱高下する可能性がありそうだ。

【来週の予定】
 国内では、日銀福井総裁講演、タカタが新規上場(7日)、9月景気動向指数(8日)、10月貸出及び資金吸収動向、10月マネーサプライ、10月景気ウォッチャー調査、10月工作機械受注(9日)、オプションSQ、9月機械受注(10日)、ソニーが新型ゲーム機「PS3」を日本で発売(11日)などが行われる。

 また、武田、第一三共、キーエンス、塩野義、住生活G、フジクラ、石川島、田辺薬、日製鋼、住友林、ケーヒン、NIS、大京、三洋信販、キッツ、ケーズデンキ、東和薬品(6日)、トヨタ、アステラス、住友電、ヤマダ電、オリンパス、クボタ、日清食、特殊陶、コスモ石、東ソー、東洋紡(7日)、オリックス、東レ、JAL、三菱マ、ガイシ、三菱レ、ベネッセ、NTN、島津、船井電、アルプス、丸一管、日触媒、大日本住友、住友ベ、太陽電、邦チタ、日本ペ、コーセー(8日)、菱地所、セコム、住友化、ローム、三菱ケミHD、ニコン、郵船、新日鉱HD、小野薬、住友重、古河電、大正薬、伊勢丹、アマダ、SANKYO、トクヤマ、川崎汽(9日)、ハウス、野村不HD、味の素、セガサミー、Jパワー、大林組、三井化学、小田急、ヤクルト、東急不、洋カン、バンナムHD、スズケン、宇部興、日清粉G、青山商、ワコールHD、オートバクス、ナブテスコ、大王紙、AOCHD(10日)などが予定されている。

 海外では、米中間選挙(7日)、英中銀金融政策委員会、シスコが決算発表(8日)、米9月貿易収支、米10月輸入物価、米11月ミシガン大学消費者信頼感指数(9日)、OECD9月景気先行指数(10日)などが予定されている。
(トレーダーズウェブより)

SQ波乱は火曜日でしょうか?それとも見透かして月曜日?

金曜日の機械受注は要注目です。
スポンサーサイト

当ブログが有益でしたらご協力お願いします⇒ 「人気ブログランキング」
[ 2006/11/02 17:58 ] TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

管理人:ふにぃ

ジイトレとは
日経225先物(mini)に特化したデイトレシグナルです。オーバーナイトはしません。
最大3種類シグナルが発動されますので、3枚以上運用できるとパフォーマンスがよいです。大口の思惑売買は考慮に入れてませんので時々理不尽な損失が出るときもありますが過去の経験上、思惑売買によって利が乗るときが多いです。
平均65%ぐらいの勝率です。

資金300万に対して1枚×3種類の運用のようなレベルの資本投下がよいと思われます。各シグナルの平均取引回数は少なくて1回、多くて5回くらいです。勝ちにこだわる人、損失を許せない人にはむいてません。

フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
相場格言

株は安く買って高く売る
素人がプロに勝てるのは時間である
アメリカで起きていることは将来、日本でも起きる
信用の買い期日接近は買い
実体の伴なわない相場は長続きしない
遠くて知らないものには手を出すな
保合い相場の対応で天国にも地獄にもなる
国策には逆らうな
知ったらしまい
最初の大商いには黙ってつけ
買い難い相場は高い
株は後を振り返りつつ先取るが、前だけみるようになったら危険
暴落相場の赤札銘柄は買い
インフレでは買い方、デフレでは売り方が相場をつくる
下げるときは一株でも下げる
買いやすい時は深呼吸、買い難い時に勇気
分からぬときは休め
歌を忘れたカナリヤは裏のお山に捨てられ、本業を忘れた企業は投資家に捨てられる
節分天井の彼岸底
電気が消えるとお化けが出る
二番底は黙って買え
株は世に連れ、世は株に連れ
冷水三斗で底が入る
顔色の悪い社長の株は買うな
商いは買い手がいるうちにやれ
鬼より怖い一文新値
株買いの極まりは戦争かインフレである
半値八掛け二割引きで底が入る
半値戻しは全値戻しにつながる
株は経済の先行きを映す鏡
女房を質に入れても株を買え
株で大きく儲けたければ売上をみよ
指数はいずれサヤ寄せする
アナリストの説明できない相場がおもしろい
株はインフレに強いが、デフレに弱い
相場は思った通りには動かない
「もう」はまだなり、「まだ」はもうなり
政治は、株ではなく失業とインフレに関心がある
相場の最初は小型株から
女子が生まれたら桐を植えるがごとくに株を買え
株は上げ下げ最後のところでは、止めようとしても止められない
仏の顔、閻魔の顔も3,4度
株に感情なく、真の主役は数字である
年の前半と後半では相場の主役が変わる
ついた値段は正しい
相場は夢と現実の間で揺れ動く
銘柄発掘は証券会社にやらせろ
一銘柄で見るな、全体の中で見よ
全面高したあとの相場は怖い
株価は売り手と買い手で決まる
幽霊と仕手は正体の分からないのがいい
咲いた株から散って、散った株からまた咲く
上がる株が優良株
天井も底値も大衆がつける
風が吹けば桶屋が儲かる

一両にこだわって一〇〇両に泣く

人も我もで相場は天底をつける
下手なナンピン大怪我のもと
相場はすぐに止まらない
買うべし、売るべし、休むべし
罫線屋、罫線引き引き足をだし
株屋殺すにゃ、刃物はいらぬ
見ざる、言わざる、聞かざる
鳥は古巣に帰り、相場も古巣に戻る
江戸の仇は江戸で討たず、長崎で討つ
バリュー株、翻訳すればただの出遅れ株
天まで届く相場はない
相場は高値圏では強くみえ、安値圏では弱くみえる
棒上げは棒下げにつながる
安物買いの銭失い
指し値は取り消すな
投資家は、投機失敗のなれの果て
形あるもの、動きあるものには訳がある
材料が材料でなくなる時を知れ
卵は一つの篭に盛るな
推奨株は3日待て
株は世につれ、世は株につれ
見切り千両
勢いに乗れ
相場は相場に聞け
三空は売り
今の姿ではない、今よりさらによくなるかを見よ
割高に売りなし、割安に買いなし
相場師は日柄を大切にする
2日新甫(しんぽ)は荒れる
大回り三年、小回り三月
天井三日、底値100日
売りは早かれ買いは遅かれ
頭と尻尾はくれてやる
利食い千人力
三割高下に向かえ
閑散に売りなし
野も山もみな弱気なら あほうになって買いの種をまけ
野中の一本杉
人の行く裏に道あり花の山
山高ければ谷深し
市場にいる必要はない
株を買うな時を買え
月の8日にもの買うな
天井売らず底買わず



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。